賃貸のお部屋探しの前に予算を決める

賃貸のお部屋探しの前に予算を決める

賃貸のお部屋探しは面倒な反面、ワクワクする楽しいイベントでもあります。
新しい部屋はどんなだろうか、新しい出会いはあるだろうか、家の近くにどんな施設があるだろうか、などと想像を膨らませるのも楽しい時間です。
まずは気になる物件を見て回らないことには何も決まりませんが、動き出す前に、ある程度準備をしておくとスムーズです。
何も決めないままに賃貸のお部屋探しを始めても、迷うことが多すぎてなかなか決めることができません。
予算や希望するお部屋のイメージなど、ある程度条件を決めておくことが大切です。
中でも最も重要なのが予算ですが、賃貸の家賃は収入の3分の1が目安となっています。
家賃と共益費の合計が、毎月の手取り収入の3分の1以内におさまるようにしましょう。
人によって3分の1よりも多く出せる人や、4分の1でも厳しい人がいるでしょう。
他にローンを抱えているか、収入が世間一般で高いほうに入るのか、など個々の事情によって変わってきます。
上限はいくらまで、と最初に決めておくのがよろしいでしょう。
またボーナスも含めた年収を12で割るのではなく、毎月確実に入ってくるお金を基準にすることがポイントです。
不安定なアルバイト収入などは、最低の月を基準にしましょう。

フリーレント賃貸の魅力と罠

賃貸物件でフリーレントがあります。
多くは1か月家賃無料の物件が多いですが、中には数か月家賃が無料になる物件もあり、借主と貸主の両方にメリットがあります。
フリーレントの対象となる物件は中々入居者が来なくて空室になっている賃貸物件が多く貸主としては数か月間無料でもその後住んでくれるならば早く貸して空室を無くしたいという理由があります。
空室が多い物件はワケあり物件に思われる可能性も高く、賃貸を探している人から敬遠されてしまう要因にもなるからです。
フリーレントの条件として数か月の家賃は無料としますが、無料期間が終了した後は一定期間入居する事を前提として貸し出します。
借主においても初めの数か月家賃無料は初期費用を大幅に抑える事が可能である事がメリットです。
しかし、住んでみて引越したいとなった場合には違約金またはそれ相応の支払いを命じられるリスクもある為、借りる前に引越しの予定はないか確認しておく事が必要です。
また、家賃は無料対象となっても管理費や共益費は発生するケースがほとんどな為、契約前に確認しておく事が必要です。
フリーレントという無料に惹かれるがあまり、家賃が実際には高めだったと気づくケースもあり、初めの契約時の事でなく、広い期間で物件を選ぶ事が大切です。

物件情報サイト

デザイナーズマンションを神戸市・芦屋市で探すなら

神戸 デザイナーズ賃貸

新着情報

◎2017/6/30

検討すべきこと
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「賃貸 予算」
に関連するツイート
Twitter

返信先:他1人ボロいし人間関係も濃厚なので敬遠される→入居率下がる→財務省から要らない扱いされ予算減らされる→修繕は必要最低限で数年経つ→最初に戻る 比較的自由な単身者や家賃の安い地方勤務者は民間賃貸に逃げられますが、都市部勤務者や家族帯同者はそうもいかず、泣く泣くオンボロ官舎に入居します。

家を建てるにあたって「今の生活水準を1ミリも下げたく無い。それを下げてまでして家は建てたくない。そして立地は最重要案件」と毎回ハウスメーカーさんには伝えている。我が家で1番大事なこと。本当に資金計画は大切と思います。絶対予算は上げない。無理なら諦めて賃貸住み続けて貯金する🏃‍♀️

賃貸マンションから戸建てに引っ越す場合は新築後に固定費が多くなると想定して予算を組もう!家が大きくなるだけでなく、メンテナンスやリフォームなど将来の出費に備えておく必要があるよ。

国会議員は議員宿舎に居住も自由、格安な賃貸費でそこそこの宿舎に住める。自衛隊員は居住まで制限され、予算不足で耐震建築でもない昭和の指定宿舎に住まわざるをえない。防衛費の増額積上げ予算の中に自衛隊員の生活向上予算をまず含めないと自衛官のなり手がいなくなる。

賃貸だから冷蔵庫の下はマット敷いたほうがいいかな?キャットゲージちょっと予算オーバーだから子供達に相談してみよ。